About

TORU MORIMOTO


He started working as a photographer for Daily Nation, a Kenyan newspaper in Nairobi, while he was a master student of the photojournalism department in the School of Journalism, University of Missouri. In 1998, he documented the US Embassy bombing in Nairobi. He was selected as an intern photographer for The New York Times. He also worked as an intern for Magnum and as an assistant of the late Magnum photographer Burt Glinn in New York. He left New York to Abidjan, Ivory Coast, for the New York Times to cover the West Africa. Later, he moved to Tokyo and worked for foreign magazines and newspapers. His works have been published mostly in American and European publications such as Newsweek, the New York Times, Der Spiegel, Time Magazine, Los Angels Times, Washington Post, International Herald Tribune, Daily Telegraph, The Independent, Courrier International, and so on.


In 2004, he moved to Barcelona. Since then, he has been carrying out various photographic documentary projects focusing on the theme about nations and ethnic identities such as the Tibetans, Basque Country, and recently Catalonia. His photographic work on the Kosovo Albanians won the 10th Ueno Hikoma Award in Japan. He also published a co-authored photography book about Japan and the Japanese people "JAPAN/日本” in 2011.


Recently, he also creats and exhibits alternative process photography under the artist name of "TÔRU".


WEBSITE of TÔRU



Exibitions:


  • "Nippon" at Combines XL Gallery, Milan, 2012
  • "Nippon" at The Private Space Gallery, Barcelona, 2011.
  • "Nippon" at Konica Minolta Plaza, Tokyo, 2011.
  • "Memory of Massacre" Ueno Hikoma Award Exhibition at Tokyo Metropolitan Museum of Photography, Tokyo, 2009.
  • "India" at Jeume Fuster Library, Barcelona, 2008.
  • "Tibietans in Exile" at Casa del Tibet, Barcelona, 2006


Awards:



Book:


 

森本徹


真家としてケニア、ナイロビの日刊紙デイリー・ネーションで働き始める。1998年、ナイロビのアメリカ大使館爆破事件を撮影する。米国ミズーリ大学院ジャーナリズムスクールでフォトジャーナリズムを修学後、ニューヨークタイムズ紙のインターン写真家として選ばれる。ニューヨーク滞在中にはマグナムでもインターンを経験し、マグナム写真家故バート・グリンのアシスタンも務める。その後、ニューヨークタイムズ紙のためにコートジボアールのアビジャンに移り、フリーランス写真家として西アフリカをカバーする。その後、東京でも海外メディアの雑誌新聞をクライアントとして、フリーランス写真家として活躍した。彼の作品はニューズウィーク、ニューヨークタイムズ紙、シュピーゲル、タイム誌、ワシントンポスト紙、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン、デイリー・テレグラフ紙、インディペンデント紙、クーリエ・インターナショナルなど、主にアメリカやヨーロッパの新聞雑誌に掲載されてきた。


2004年以降は、拠点をバルセロナに移し、チベット人、バスク、そして近年はカタルーニャといった、国や民族のアイデンティティーをテーマに、ドキュメンタリー写真プロジェクトを展開している。彼のコソボのアルバニア人の写真作品は第10回上野彦馬賞を受賞した。2011年には日本と日本人をテーマにした写真集「JAPAN/日本」を共著で出版した。


また、近年では「TÔRU」というアーティスト名でオルタナティブ・プロセス写真の作品も発表している。

WEBSITE of TÔRU



写真展:

  • 「ニッポン」Combines XL Gallery、ミラノ、2012年
  • 「ニッポン」The Private Space Galleryル、バルセロナ、2011年
  • 「ニッポン」コニカミノルタプラザ、東京、2011年
  • 「コソボ 虐殺の記憶」上野彦馬賞写真展 東京都写真美術館、東京、2009年
  • 「インド」ジャウマ・フステ・ライブラリー、バルセロナ、2008年
  • 「亡命チベット人」カサ・デル・チベット、バルセロナ、2006年

賞:

写真集:


error: Content is protected !!